クリーンブースを設置することのメリットとは?

クリーンブースの仕組みとメリット

クリーンブースの仕組みとメリット クリーンブースとは、局所作業環境の空気清浄化を目的に開発された一方向流のクリーンユニットです。
一般的な仕組みとしては、アルミ製の骨組みの周囲をビニールで囲い、FFU(ファン・フィルター・ユニット)を天井に乗せて、上から綺麗な空気を供給し、周囲の下から吐き出します。
そして空気を循環させて清浄化を保ち簡易的なクリーンな空間を作り出します。
サイズ的に建物として考えず、建築法や消防法に抵触しない簡易、かつコストが安価で済、移設可能な清浄度空間として近年広く用いられています。
クリーンブースのメリットとしてまず、建設費用のコスト削減ブース内の環境の詳細な設定により省エネが期待できます。
それぞれの要求に沿った空調を導入できるため、清浄度のコントロールが可能です。
局地的なクリーン環境をつくることにより、外気と機器・作業環境の隔離を実現。
部分的な汚染制御が可能になります。
一般的な周壁がビニールの方式と安全性、気密性、そして美観にすぐれたパネル方式があります。
シーズシーではクリーンエリア内のレイアウト・必要な仕様にあわせた製作が可能です。
必要な工程に合わせた局所的なクリーン化が可能なのでイニシャル・ランニングコストを低く抑えることができます。
工事が容易で短工期なので工事費の面で断然お得です。
既設の建屋内で簡単に工事が出来、クリーンルーム内の設置も可能です。

クリーンブース内の温度管理について

クリーンブースでは空間の浮遊微粒子や浮遊微生物が指定された清浄度以下に管理されるとともに、ほとんどの場合でブース内の湿度や気温が一定に管理されています。
特に温度管理は重要な項目としてしばしば取り上げられています。
クリーンブース内の温度は、中で作業を行う人が汗をかいたりするなど作業員の快適性を損なわないという環境を観点と、製品の作製工程を均一にしての品質を維持することや細菌などが繁殖しないように管理することなどの技術な観点から、一定に保つことが好ましいとされています。
クリーンブースの設定は23度程度が一般的で、1度程度の変動が許容されています。
ただし、精密に制御をするための空調コストなどを考えると温度の変動は2度から3度とある程度の幅を許容することもあります。
また、製品の品質など技術的な部分がクリアできるのであれば、一般空調のように作業員の快適性を得るために冬18℃~夏26℃と気温を変えることも可能です。
 クリーンブースの温度については規格も存在しています。
例えば、米国連邦規格209bクリーンルームの規格に従いますと、推奨は22.2度で、偏差は3度程度、範囲は19度から25度の中で管理することが求められています。

クリーンルームについて任せられるサイト

クリーンルーム導入を検討の方にオススメ

クリーンルーム